無量山 引接院 正覚寺

  • トップページ
  • お問い合わせ
  • 法要のお申込み

正覚寺日記

2021年9月のアーカイブ

住職三分法話㉒ »

令和3年10月1日
住職三分法話㉒

相手を思いやる気持ち

願以此功徳(がんにしくどく)   平等施一切(びょうどうせいっさい)

同発菩提心(どうほつぼだいしん) 往生安楽国(おうじょうあんらっこく)

 

<意訳>

このお念仏とお経の功徳を 一切の人々に平等に施します。全ての人が菩提心(仏教を信じる心)
を起こして安楽国(極楽浄土)に往生しますように願います。

 

『総回向偈(そうえこうげ)』というこのお経はお勤めの総まとめとして読まれるお経です。

30年ほど前、修行時代にいつまでも続く長い読経の時、このお経が読まれるとお勤めの終わり
が近いということですので、ほっとしたのを思い出します。

そして時が経ち、僧侶となって約30年。コロナ禍の今、このお経の尊さを感じています。
仏道を志した時、多くの人はまず自分や自分の身内の者が極楽に往生させて頂くますよう
にと願いますが、自分だけではなく一切の人々の極楽往生を同じく願うことが仏教の真意
だということだということをお勤めの度に改めて感じています。

『三尺三寸のお箸』という昔話を紹介させていただきます。

昔、「地獄」と「極楽」の両世界の見学に出掛けた人がいました。
地獄ではちょうど食事の時間で、食卓には豪華な料理が並んでいました。しかし地獄の人々は、
三尺三寸(およそ1m)もある長いお箸を使い、なんとか自分の口に持っていこうとして、
いつまでも食べることが出来ず、皆やせ細っている状態でした。

今度は極楽に行ってみると、極楽の人々は同じように三尺三寸の長い箸を使って食事をとって
いましたが、お互いが向かい合った相手の口へ長いお箸を使ってご馳走を運び、食べさせてあ
げていて、皆が笑顔で食事を楽しんでいました。

「自分さえよければ」の思いではだれも幸せになれないという教訓のお話です。相手に施すこと
により自分も幸せになれる。今日も関わる全ての人への思いやりの気持ちを忘れずにお念仏と共
に生活をしていきたいです。
合掌 同称十念

住職三分法話㉑ »

住職三分法話㉑

  念仏の数について

浄土宗において最も大切なことは「なむあみだぶつ」とお念仏を称えることです。

では何回「なむあみだぶつ」を称えれば良いか?というと
答えは“何回でも良い”です。
しかし“何回でも良い”ということをどのように受け止めるかによって信仰の深さに違いは生じるはずです。

法然上人は「生活の中で念仏を称えるのではなく、念仏を称える中で生活をするように」とお示しです。
法然上人ご自身は晩年、毎日6万回のお念仏を称えられました。一秒間に一回称えたとしても15時間以上
かかります。まさにお念仏を称える中で生活をされておられました。

仏教の教えにおいては「なむあみだぶつ」と一回でも称えたならば阿弥陀様は極楽浄土へと救ってくださいます。
ではなぜ何回も称える必要があるのかというと、法然上人は「本来は地獄へ落ちるかもしれない私が、ただ一回
のお念仏で救っていただける有難さを思うと、その嬉しさから何回も称えずにはいられない思いが沸くものです」
と語られています。
その思いの根底には、人間は本来、地獄へ行くことが当たり前で、自身も当然地獄に落ちるであろうという“凡夫の
自覚”がありました。人々から「知恵第一の法然様」と慕われた法然上人がそのような謙虚な思いでお念仏を称え続
けておられたお姿を想像すると、まさに浄土宗に縁をいただく私達がお手本とさせていただくべきお姿です。

では、お念仏の中で生活をするにはどうすればよいかというと、やはり“回数を決める”ことが良いと思います。
人は時が経つと、忘れたり、怠けたりするものです。
回数を決めることは法然上人もお勧めしています。
例えば朝起きて10回、仏壇の前で20回、三食の食事の前と後で10回、寝る前に10回で一日に100回称えることに
なり、法然上人の6万回には遠く及びませんが、自然とお念仏の中で生活することができるようになります。
そして続けることでその回数は徐々に増えていくはずです。

お念仏の中で生活することで、この命がいつ尽きても必ず阿弥陀様が極楽浄土へ救って下さるという信仰を深め、
共に後生の不安のないお念仏生活を送りましょう。

合掌    同称十念

正覚寺

〒030-0802 青森市本町1丁目1-12

TEL:017-776-3454 FAX:017-776-3329

アクセスマップ