無量山 引接院 正覚寺

  • トップページ
  • お問い合わせ

正覚寺日記

2017年5月のアーカイブ

御忌会(ぎょきえ) »

御忌会(ぎょきえ)とは浄土宗をお開きになられた法然上人の

ご遺徳を偲ぶ忌日法要です。

法然上人の御命日は1月25日ですが、京都・総本山知恩院や

東京・大本山増上寺など多くのお寺ではお参りされる方の便を

考慮し、気候の良い春に御忌会を行っています。

正覚寺では本年より日時を変更し、5月25日に御忌会を厳修いたしました。
IMG_1214

 

 

 

 

 

 

この度のご法話には滋賀県近江八幡市・寶泉寺(ほうせんじ)池上良慶上人

をお招きしました。

池上上人は全国各地で活躍されているお説教師で雅楽や声明(しょうみょう)

の分野でも活躍されている浄土宗を代表する御上人です。

特に池上上人も所属されている浄土宗の雅楽と声明の専門団体

『七聲会(しちせいかい)』は日本各地をはじめドイツやトルコでも公演を行っています。

七聲会 http://sound.jp/tengaku/Shichseikai/Shichiseikai.html

IMG_1218

 

 

 

 

 

法話は「法事と供養」から私たちが学ぶことをお話いただきました。

法事やお墓参りなどのご供養をなぜ行うのか・・・

ご供養のたびに亡き大切な方のお姿、人柄を思い出します。

私達を思い、厳しく優しくしてくれていた事を思い出します。

それは、今、自分が元気に過ごさせて頂けている事に気付く大きな

きっかけとなり、亡き大切な方やご先祖のお蔭で今の私達があるからこそ

与えられた命を精いっぱい頑張って生きていこうという

原動力になるのではないでしょうか。

仏事を丁寧に行うことで、目に見えないたくさんのことに見守られ、

導かれている自分に気付きます。ご先祖を大切にすることは、

自分を大切にすることに繋がります。

関西弁で語る池上上人のご法話は、情熱的で時にユーモアにあふれ

「どのような心の持ちようで生きるか」を考えさせられる法話でした。

来年もお呼びしております。ぜひ生のご法話に接してください。

 

続いての法要では青森県内の僧侶方5名と正覚寺の僧侶5名にて

お勤めをし、檀家の皆様の霊位のご回向をいたしました。
IMG_1231 IMG_1236

 

 

 

 

 

 

また、正覚寺会館では『大本山増上寺御忌大会唱導師記念展示』

として、当日着用した唱導師の衣装の展示や当日の映像を上映し、

たくさんの皆様にご覧いただきました。
IMG_1199

 

 

 

 

 

 

この度の御忌会は例年よりも多くの檀家の皆様が法要に

ご参加をくださいまして、皆様と共に南無阿弥陀仏をお唱え

できましたことを、心よりありがたく存じます。

 

正覚寺

〒030-0802 青森市本町1丁目1-12

TEL:017-776-3454 FAX:017-776-3329

アクセスマップ