無量山 引接院 正覚寺

  • トップページ
  • お問い合わせ
  • 法要のお申込み

住職日記

住職三分法話㉝ »

住職三分法話㉝

令和4年9月1日

法然上人と御家人 ~渋谷七郎(しぶやしちろう)~

 

法然上人がご在世の鎌倉時代、将軍(鎌倉殿)と主従関係を結び家来(家人)となった武士を将軍への敬意を表す「御」をつけて御家人と呼ぶようになりました。
その御家人の中には法然上人の弟子となられた方が多くおられます。今回は法然上人の弟子の御家人、渋谷七郎をご紹介いたします。

渋谷七郎は渋谷七郎入道道遍という名前で呼ばれることも石川入道と呼ばれることもあり、法然上人の晩年に十年以上に渡りお側でお仕えした側近の直弟子です。
残念ながら生没年不詳で経歴もほとんど不明ですが、渋谷七郎は先に『法然上人と御家人②』でご紹介した熊谷直実が法然上人弟子になったことを聞いて、
すぐに関東から京都の法然上人のもとへ参じて弟子になったと伝わっています。また法然上人の弟子で浄土真宗を開かれた親鸞聖人が(御家人の中で)
『大胡、渋谷、津戸この三人は法然上人根本の弟子なり』と書物に記していることから、法然上人の弟子となった御家人の中でも心から浄土宗を信仰し、
特に念仏信仰の篤い方だったことがわかります。(親鸞聖人が挙げた三人の中に熊谷直実が入っていないことは少し気になることではありますが・・・)

経歴などが不明の渋谷七郎が法然上人の弟子として名が残る理由として、渋谷七郎が法然上人から直接聞いたという次のお言葉があります。

「往生の為には念仏第一なり、学問すべからず、ただし念仏往生を信ぜん程はこれを学すべし」

(意訳)

「極楽往生の為には念仏を称えることしかありません。難しい仏教の教えを学ぶ必要はありません。ただし、念仏で極楽へ往生させていただくことを信じて
理解するためには仏教を学ぶことは大事です」

この渋谷七郎が伝えてくださった法然上人のお言葉は、浄土宗にとっても大事なお言葉であることはもちろん、私にとっては仏教を学び信仰する上で非常に
大きなモチベーション(動機付け)になっています。
修行時代に「なぜ仏教の勉強をしなければならないのだろう?」と立ち止まった時、この言葉が背中をおしてくれたことを思い出すと共に今も仏教の勉強を
続ける必要性を再確認させてもらえる有難いお言葉です。

渋谷七郎が法然上人のお側でしっかりと教えを直に聞き、お念仏に励まれたことに想いを馳せて、今日もただ一向に南無阿弥陀仏。        同称十念

地蔵様に風車のお供え、奉納をしませんか。 »

6月にお地蔵さまの風車をお供えする台座を新設しました。

以前も風車のお供えをしていましたが、アスファルト工事に伴いきれいに整備をして、

どなた様もお気軽にお供えいただけるようにしました。

IMG_1420

IMG_1423

 

 

 

 

 

 

 

風車のお供え、奉納をご希望の方は寺内位牌堂内にて風車をおわけしています。

お檀家ではない方も、ご自由にお入りいただいてお持ちください。

寺務所への声掛けは不要です。「寺務所玄関」からお入りいただき、左手に進むと突き当りにございます。

またその奥には「津軽三十三観音」の観音様がいらっしゃいます。あわせてお参りください。

IMG_1404

 

 

 

 

 

 

 

 

冥加料は300円です。無人ですので賽銭箱に300円を入れていただき、風車を1本お持ちください。

風車は台座の空いている筒にお供えください。

IMG_1532

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1529

 

 

 

 

 

 

 

かわいいお地蔵様をご寄付いただきました。

右側のお帽子をかぶっているお地蔵様は3年ほど前にご寄付いただき、左側のお地蔵様は昨日

ご寄付いただきました。細越地区の方からのご寄付で、明治時代のものではないかということです。

偶然ですが右側のお地蔵様も細越地区のお檀家さんからのご寄付で、お袈裟で御体が見えませんが、

お色が塗られていて、昨日、ご寄付頂いたお地蔵様と同じ色付けです。
(ちなみに右側のお地蔵様は笑っているようなとても愛らしいお顔をされています)

7月に荒川市民センターで津軽の地蔵信仰についての講座を拝聴してきたばかりなので、

とても興味深いです。

 

青森市内で水子供養のためにお地蔵様のお参りを気軽にできる場所は多くありません。

正覚寺では子安地蔵尊と延命地蔵尊をお祀りしています。いつでもどなた様でもお気軽にお参りください。
(年中無休(冬期間は地蔵堂は雪のため閉鎖しております)/開門:午前7時~午後5時)

※カラスがいますので食べ物などのお供え、また防火のためお線香のご使用はご遠慮いただいております。

 

ウィッグお譲りいたします »

IMG_1387

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、お檀家さんより医療用ウィッグを2つお譲りいただきました。

数回ほどの使用ということでメンテナンスも行き届いていて、新品のようです。

ご本人はお元気になられて、今現在、治療中の方や、頭髪にお悩みのある方で必要としている方が

いらっしゃればとお持ちくださいました。

寺内にチラシを掲示しておりましたので、1つはお譲り済です。

≪ウィッグ情報≫
メーカー:フォンテーヌ
長さ:やや長めのショートカット。頭皮部分はメッシュで通気性良。
サイズ:中。中でホックにて調節可能。
ウィッグ専用のブラシもお持ちくださいました。
見た目の感想:やはりメーカー品ですのでとても自然に見えます。
※当然ながら無料です。

いつでも、ご試着いただけますので、ご希望の方はご連絡のうえご来寺くださればと思います。
寺務所☎017-776-3454 電話受付時間8時30分~17時

お檀家さんではなくても、お檀家さんのお知り合いの方でも大丈夫です。

9月のお彼岸が終わる頃まで、お寺でお預かりしています。ぜひご遠慮なく!

 

 

 

住職三分法話㉜ »

住職三分法話㉜

令和4年8月1日

法然上人と御家人(ごけにん) ~大胡実秀(おおご さねひで)~

 

法然上人がご在世の鎌倉時代、将軍(鎌倉殿)と主従関係を結び家来(家人)となった武士を将軍への敬意を表す「御」をつけて御家人と呼ぶようになりました。
その御家人の中には法然上人の弟子となられた方が多くおられます。今回は法然上人の弟子の御家人、大胡実秀をご紹介いたします。

上野国(群馬県)の大胡実秀(おおごさねひで)は父の大胡隆義(おおごたかよし)と親子二代にわたっての熱心な念仏信者です。
父の隆義は『法然上人と御家人①』でご紹介した甘糟忠綱と同じく源平合戦の時に上洛し、その時に法然上人と直接お会いして弟子となりその後しばらく法然上人の
お側で教えを受けた直弟子ですが、子の実秀は法然上人に直接会うことはありませんでした。
しかし父の隆義が法然上人から拝受したお手紙を父から譲り受け、家宝として大切にして父を超えるほどの熱心な念仏の信者になりました。

現在そのお手紙は「大胡消息」として浄土宗の大切な教えが書かれた浄土宗の宝となっています。お手紙は二通ありその一つは
阿弥陀仏の救いのこと、念仏で往生が叶うこと、念仏者の心構えの三心のことなど、浄土宗の教えの基本が親切丁寧に原稿用紙17枚分の
文章量で記されています。お手紙というよりは法然上人から「大胡、関東での浄土宗はあなたに託しましたよ」
と浄土宗の教えの全てを遺言として託されたような内容です。
そのお手紙は一貫して「なむあみだぶつ」と称えるお念仏が唯一の極楽往生の方法であることが説かれています。

実秀と実秀の妻は、この法然上人のお手紙の内容を心から信じ、ひたすらお念仏を称え修行に励みました。
そして、夫婦そろって見事な往生をとげたことが伝記の『法然上人行状絵図』には次のように記されています。
実秀はこのお手紙を大切にして生涯一向に念仏に励みました。寛元四年(1246年)実秀の往生の時には妙なる香りが漂い妙なる音楽が響き渡りました。
その後、実秀の妻も念仏の行を怠りなく、臨終には奇瑞(おめでたい不思議な現象)が現れ往生の素懐を遂げました。と。
実際に法然上人とお会いしたことがない実秀がここまで法然上人のお手紙(お言葉)を信じ、一向にお念仏を生涯貫き往生されたことは同じく法然上人とはお会いしたことのない今を生きる私達がお手本にさせて頂く姿だと感じます。
大胡実秀に想いをはせて、今日もただ一向に南無阿弥陀仏。 同称十念

正覚寺落語会 »

7月24日㈰『正覚寺落語会』を開催いたしました。

正覚寺の落語会は2013年から毎年開催していましたが、新型コロナウィルスの
影響で2年間開催を見合わせ3年ぶりの開催となりました。
今回は9年前にも来てくださった林家花丸さんが大阪から来てくださいました。
序盤のまくらで大笑い、演目『幸助餅』では大泣きと、感情が大いに揺さぶられ、
とても心が豊かになった一時でした。
花丸さんの優しく楽しい人柄にも癒されました。

ご来場の皆様ありがとうございました。
IMG_3298

今月のおすそわけ »

先日、明の星中学校様におすそわけいたしました。

IMG_1255

 

 

 

 

 

 

 

 

(お写真の掲載許可を頂いておりますが、念のため失礼ながらお顔にスタンプを)

このたびは、浄土宗青森教区青年会様の他、お檀家様が「こちらの取り組みにぜひ協力したい」と

わざわざスポーツ飲料をお持ちくださいました。本当にありがたいことです。

今回は生徒さん手書きの!活動報告のポスターもお持ちくださいました。

明の星中学校様は主に十和田市の「十和田こども食堂実行委員会」様主催のこども食堂へ

お菓子を届けてくださっています!

こちらの活動報告は寺務所前の掲示板に掲示しておりますので、ご来寺の際はぜひご覧ください。

IMG_1248おやつくらぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、昨日の落語会にご参加の皆さまに、賞味期限の記載がなくおすそわけができないお菓子を

お持ち帰りいただきました。皆さま、大変喜ばれていました。

IMG_1246

 

 

 

 

 

 

 

賞味期限が短いものや記載がないお菓子も無駄にすることなくご来寺の皆さまにおわけしております。

IMG_1184

 

 

 

 

 

位牌堂内の冷凍庫には果物(主にパイン)やお餅を入れています。賞味期限の短いお菓子や果物も

時々置いていますので、位牌堂内の観音様にお参りをされてからご自由にお持ちください。

 

« 古い記事

正覚寺

〒030-0802 青森市本町1丁目1-12

TEL:017-776-3454 FAX:017-776-3329

アクセスマップ