無量山 引接院 正覚寺

  • トップページ
  • お問い合わせ

住職日記

正覚寺 東京法要 »

10月14日(土)東京大本山増上寺にて

『正覚寺 東京法要』を厳修いたしました。

IMG_2522

 

 

 

 

 

 

この法要は、故郷青森への帰省が難しい関東近郊在住のお檀家さん

のため、昨年より始めた法要です。

今年は昨年を上回る50名のご参加をいただきました。

IMG_2529

 

 

 

 

 

 

 

増上寺大殿での法要ではご参加の皆様の大切な方への

ご回向をさせていただき、共に南無阿弥陀仏をお唱えしました。

IMG_2545

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また法要後は増上寺山内の円光大師堂にて楠美住職の法話に続き、

最後は皆様と木魚念仏をいたしました。

IMG_2567

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2568

 

 

 

 

 

 

 

ご参加の皆様から「とても清らかな気持ちになりました」

「増上寺の本堂での法要は有難かったです」との声をいただき、

故郷青森、そして正覚寺をつなぐたいへん貴重な機会に

なっていると実感いたしました。

ご参加頂いた皆様には重ねて感謝申し上げます。

IMG_2572

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆法要を終えました »

今年も無事に13日、16日とお盆法要が厳修され、たくさんの

皆様と共に南無阿弥陀仏をお唱えすることができました。

また13日から始まった棚経も無事に終え、たくさんのお宅で

お勤めをさせていただきました。

IMG_2480

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は蕾がたくさんついた蓮の花ですが、気温が低く

残念ながら、お盆には咲きませんでした。

IMG_2491

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13日から20日まではたくさんの追膳をお供えさせていただきます。

IMG_2495

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2508

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2502

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2504

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2513

 

 

 

 

 

 

 

お盆やお彼岸の位牌堂には法界折やお花、お菓子、飲み物などが

たくさんお供えされ、亡き大切な方への想いであふれています。

お墓やご自宅のお仏壇もそうではないでしょうか。

仏事を丁寧に行うことは、亡き大切な方やご先祖様のお蔭で

今の私達があることを改めて感謝し、ご先祖さまとの繋がりや

自身の人生観についても考えるよいきっかけになります。

近頃は様々な理由から、仏事を簡素に行う傾向にありますが、

ご先祖様を大切にする心や各ご家庭での仏事は後世に伝えて

いきたいと思います。

IMG_2485

 

 

 

 

和顔地蔵様がご来寺中です! »

IMG_2414

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもつられてにっこりしてしまう可愛らしい「和顔(わげん)地蔵」さま

が正覚寺にいらっしゃいました。

IMG_2411

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災の慰霊と復興祈願でお地蔵さまが「祈」(おいのり)

の大切さを伝えるため全国を巡行されています。

こちらのお地蔵様は浄土宗総本山知恩院門主 伊藤唯眞猊下が開眼され、

多くの方々に「なでなで」してお祈りいただいているそうです。

IMG_2416

 

 

 

 

 

 

仙台市 成覺寺(じょうがくじ)住職 中村眞英上人
石巻市 大忍寺(だいにんじ) 住職 福井孝幸上人

ちょうど1日の写経会の日にご来寺くださいましたので、

中村上人よりお話を頂戴しました。

IMG_2424

 

 

 

 

 

 

平成30年3月に石巻市の大忍寺様に奉安されるそうです。

http://www.chugainippoh.co.jp/rensai/inochi/120214-13-01.html

IMG_2431

 

 

 

 

 

 

 

皆様、順番に「なでなで」してくださっています。

SNSでも広めてほしいとお写真も撮影いただき、さっそく

インスタグラムに掲載してくださった方もいます。

IMG_2464

 

 

 

 

 

 

現在は寺務所玄関を入ってすぐの場所に安置いたしました。

正覚寺には7日までいらっしゃいます。

東日本大震災を風化させないよう、あらためて亡き方々や

被災された方々を想い、共に祈りましょう。

ぜひ「なでなで」しに来てくださいね!

 

第2回雅楽演奏会を終えて »

先日、浄土宗青森教区雅楽会の皆さまによる

雅楽演奏会を終えました。

前回を上回るたくさんのお客様にご来場をいただき

まことにありがとうございました。

IMG_2375


 

 

 

 

 

 

演奏曲目
≪管弦≫
平調音取 ひょうじょうねどり
越天楽  えてんらく
五常楽急 ごじょうらくのきゅう

舞を伴わない和楽器のみで演奏することを「管弦」といいます。

当日は三管三鼓の六種で行いました。
(三管 笙しょう・篳篥ひちりき・龍笛りゅうてき)
(三鼓 鞨鼓かっこ・太鼓たいこ・鉦鼓しょうこ)

IMG_2377

 

 

 

 

 

 

 

また今回は舞楽を取り入れて頂き、さらに華やかな舞台となりました。

IMG_2392

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪舞楽≫
抜頭  ばとう
長慶子 ちょうげいし

管楽器、打楽器の演奏に舞が加わるものを舞楽といいます。
舞楽にはインド、及び中国大陸から伝来した系統(=左方)
と朝鮮半島から伝来した系統(=右方)があります。
当日は右方の「抜頭」を演奏してくださいました。

IMG_2384

 

 

 

 

 

 

雅楽は日本におけるもっとも古い伝統をもった音楽です。

約1400年前、東大寺仏開眼法要で盛大な舞楽が奉納された

ことは有名です。その後、日本独自の改良が加えられていき

今日までその伝統が継承されています。

アンケートでは、9割のお客様から様々なご意見を頂きました。

至らない点もございましたが、今後もぜひ浄土宗青森教区雅楽会の

皆さまのご協力をいただいて継続してまいりたいと思います。

IMG_2397

 

 

 

 

 

 

お集まりいただいた皆様、浄土宗青森教区雅楽会の皆様

ご縁を結んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5分でできる念仏写経 »

いつでも気軽にできる写経処を1階位牌堂前に設けました

IMG_2358

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2346

 

 

 

 

 

 

 

通常の写経会では般若心経や無量寿経の一節などをお手本に

行いますが、こちらではいつでもどなたでも気軽にできるように

念仏写経としました

IMG_2348

 

 

 

 

 

 

 

薄字のお手本をなぞります

 

IMG_2351

 

 

 

 

 

 

正面には正佳苑庭園

中心市街地にいるとは思えない景色を望めます

IMG_2347

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観音様に見守っていただきながら・・・
(津軽三十三観音霊場 第二十二番札所)

IMG_2344

 

 

 

 

 

 

書き終えましたら、観音様前の納経箱へお納めください。

月に1度、境内に建立された写経塔へ奉納いたします。

 

無心に有意義な5分をお過ごしください

 

写経時間: 8時30分~16時30分

写経料: お気持ちを観音様前のお賽銭箱へお願い致します

申込のご連絡などは必要ありません。ご自由にどうぞ。

 

IMG_2350

 

 

 

 

 

 

 

 

 

津軽三十三観音霊場 第二十二番札所の御朱印もございます

 

 

 

 

 

 

梅の実 »

IMG_2066

 

 

 

 

 

 

 

正佳苑庭園の梅の木に今年も実がつきました。

梅の実は青々として、なんとも可愛らしい形をしていますね。

毎年、2月の明照会(正覚寺婦人会)の新年会で

ふるまわれる梅酒の梅です。

IMG_4947

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月にはたくさんの花を咲かせて楽しませてくれました。

今年も変わらず、可愛らしい実をつけてくれた梅の木。

今年も新年会にお集まりいただいた、たくさんのお檀家の皆様。

住職母は何十年と毎年、梅酒作りを続けてくれています。

 

この世は諸行無常でありながら、私達が生きている間だけでも

こうして変わらないものというのは

心が落ち着き、安心感をもたらすものです。

IMG_2067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切にしたい梅の木です。

 

 

 

 

« 古い記事 新しい記事 »

正覚寺

〒030-0802 青森市本町1丁目1-12

TEL:017-776-3454 FAX:017-776-3329

アクセスマップ