無量山 引接院 正覚寺

  • トップページ
  • お問い合わせ

住職日記

第七回正覚寺公開講座&歴史公開講座 »

7月8日(日)、7月15日(日)、7月22日(日)の三週に渡り、毎年二回
の恒例となった正覚寺公開講座が行われました。

今回の講座はテーマをつながりのある『輪廻』、『地獄』、『極楽』の
三つに分けてそれぞれ阿弥陀寺副住職長尾隆寛上人、正覚寺住職楠美、
西光寺副住職工藤大樹上人が講義させていただきました。

毎回70名を超える皆様にお集まり頂き、六道輪廻の不思議、八大地獄
の恐ろしさ、極楽浄土の美しさを共に勉強させて頂きました。

IMG_3294
工藤大樹上人

 

 

 

 

 

IMG_3302
楠美知剛

 

 

 

 

 

IMG_3322
長尾隆寛上人

 

 

 

 

 

さらに、7月29日には今回は特別に歴史公開講座として、青森の歴史研究
の第一人者である青森市民図書館歴史資料室室長の工藤大輔先生に『藩政時代
の寺町』というテーマで現在の青森市の成り立ちと正覚寺のある本町周辺の
江戸時代に寺町と呼ばれた地域の当時の様子を詳しくご講義頂きました。

その中で青森の町が江戸時代初期に公共事業として青森山という山を切り崩し
その土で埋め立てて造られた事や正覚寺の近所には芝居小屋があり歌舞伎が
上演されていたことなど興味深い事を多く学ばせて頂きました。
60分という時間があっという間の楽しいご講義でした。
IMG_3357
工藤大輔先生

 

 

 

 

 

ご講義を頂きました工藤大輔先生をはじめ、講座にご参加の皆様、
誠にありがとうございました。

次回の講座も秋(11月頃)に予定しております。詳細は決まり次第
HPと東奥日報夕刊ミニガイドにてお知らせいたします。

 

 

 

なかじまみか楽団コンサート »

先日、県南地方を中心にパーソナリティ、リポーター、歌手として

活動をされている中島美華さん率いる『なかじまみか楽団』

のコンサートが開かれました。

IMG_3270

 

 

 

 

 

 

東日本大震災をきっかけにスタートし、今年で7回目を迎える『かたりうた~刻~』。

これまでは、八戸市と弘前市で主に公演をされていたそうですが

今年は4年ぶりの青森公演をご縁あって正覚寺で開いてくださいました。

IMG_3272

 

 

 

 

 

 

正覚寺では本堂内や阿弥陀様をライトアップしての行事は

初めてだったのですが、とても幻想的な美しい空間に

中島美華さんの優しくパワフルな歌声と楽団の皆様の心に響く演奏、

ステージを支える裏方スタッフの皆様、アットホームなお客様が

一体となり素晴らしい公演でした。

IMG_3275

 

 

 

 

 

 

ちなみに『なかじまみか楽団』には懐かしの

「スーパーギャング深夜同盟」でおなじみの

『うっちゃん』こと内山千早さんもいらっしゃいます。

この日もステージを盛り上げてくださいました!

IMG_3276

 

 

 

 

 

今回のコンサートのテーマ「刻」。

中島美華さんの歌声、語り、コンサート全体を通して

日々の暮らしの中で、自分自身が何を刻めているか?

亡き大切な人へ思いを寄せて、自問自答させてもらいました。

感謝感動のひとときでした。

またのご縁を楽しみにしております!

 

 

 

 

 

 

防災避難訓練 »

先月ですが、25日の御忌会を前に青森市消防本部の方に

お越しいただき職員一同、防災避難訓練を実施いたしました。

IMG_2975

 

 

 

 

 

 

 

年6回行われる、年中行事では1日に大変多くの方がご来寺されます。

ほとんどの方が本堂にいらっしゃいますが、位牌堂でお参りを

されたり、寺務所で事務手続きをされたり寺内各所に人がいます。

IMG_2808

 

 

 

 

 

 

 

また月に8回の行事や毎日のご法事、お参り、寺務手続きなどで

常にどなたかがご来寺されています。

本堂は2階にあり、寺内は広く少し複雑な造りです。

IMG_2965

 

 

 

 

 

 

 

幸い、正覚寺は昭和49年に再建されていますので鉄筋コンクリートで

防火設備が充実しており、火災で炎が燃え広がるということは

考えにくいとのことで少し安心しましたが、有事の際は避難時に

パニックになり混乱することが想定されます。

IMG_2972

 

 

 

 

 

 

 

足の悪い方も多数いらっしゃいますので、いかに安全に早く

落ち着いて避難誘導できるかが重要です。

IMG_2973

 

 

 

 

 

 

この日は法要時の地震及び火災を想定し、本堂、位牌堂にいる

皆さんを避難誘導する訓練をしました。

私はお檀家さん役をしましたが、サイレンが鳴ったり館内放送で

避難を誘導され、訓練とはいえ非常に緊張しました。

IMG_2979

 

 

 

 

 

 

 

実際、揺れたり煙が出ている中を落ち着いて行動できるでしょうか。

日頃の訓練、備えが大切です。

日本各地で大きな地震が続いています。

皆様も身の回りの備え、避難場所の確認、ご家族との連絡方法など

今一度、ご確認ください。

外出先ではご自身でも避難口の確認などをしましょう。

正覚寺のバリアフリー »

このたび寺内用の車イスをご用意しました。

玄関を入ってすぐ左側のねぶた横に設置しております。

位牌堂や観音様のお参りなどにもご自由にご利用ください。

IMG_2981

 

 

 

 

 

 

 

ご自身の車イスでご来寺された場合はこれまで通りタイヤを拭いて

そのままお入りいただけます。

 

また、これまでお知らせをした事がなかったのですが、高齢の方や

お身体の不自由な方のお手伝いをする設備をご紹介いたします。

IMG_2982

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは『いす式階段昇降機』です。

IMG_2984

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階の本堂まで安全にゆっくり昇降します。

ご利用の際は職員までお声がけください。

IMG_2989

 

 

 

 

 

 

 

正面玄関のスロープ

IMG_2993

 

 

 

 

 

 

 

正面玄関の手すりも昨年、設置しました。

IMG_2992

 

 

 

 

 

 

 

正覚寺会館玄関のスロープ

IMG_2990

 

 

 

 

 

 

 

通夜、葬儀、各種行事を行っている会館です。

IMG_2995

 

 

 

 

 

 

 

昨年、1階トイレを改修の際、車いす対応のトイレも設置しました。

IMG_2996

 

 

 

 

 

 

正覚寺の行事は全てイス席にて対応しています。

IMG_2808

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2584

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4725[1]

 

 

 

 

 

 

 

お寺というと古い建物ですのでバリアフリーという概念がなく、

地形や景観の問題や重要文化財の場合はまた様々な問題があり

整備が難しいことがあります。

正覚寺も昭和49年再建とはいえ、本堂と位牌堂の一部は2階にあり、

バリアフリーにするには大規模な改修が必要となります。

やはり正覚寺も大規模な改修は難しいのですが、少しでも多くの方に

ご来寺いただけるよう少しづつ改修を進めております。

 

また寺務所には常に職員がおりますので、設備が追いつかない分、

職員一同でお手伝いいたします。お気軽にお声がけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松丘保養園へ行ってきました。 »

本日、青森市石江の国立療養所・松丘保養園に行ってきました。
保養園内に栗の木などを植樹させていただいた後、園内を見学させていただき、
ハンセン病について学ばせていただきました。
恥ずかしながら、私は青森市に住んでいながら松丘保養園の存在は知っていたものの
ハンセン病についてや松丘保養園の歴史的背景については無知でした。

この度、初めて松丘保養園内に入らせていただき、ハンセン病について知り、衝撃を受けました。
国の政策により差別や偏見を受けて大変な思いをされてきた方々。
強制的に人生の選択を奪われた方々。
何も知らずに生きてきた自分。
園内にはお寺や教会もあり信仰が皆さんの心の支えとなると伺い、無知の自分を痛感しました。

松丘保養園ホームページからの引用
→松丘保養園は1907年に始まったわが国のハンセン病隔離政策により1909年に創立されました。
現在入所者76名の平均年齢は86歳でハンセン病はすべて治癒し、末梢神経麻痺や視覚障害などの
後遺症と高齢による様々な合併症を持ちながら、みなさんお元気に暮らしておられます。
2001年の熊本地方裁判所判決で違憲であることが明らかになった「らい予防法」は既に1996年に
廃止され、今「ハンセン病問題基本法」の実践が求められています。
長年にわたって偏見、差別、人権侵害を受け苦難の人生を歩んでこられた入所者の方々が、
その名誉を回復され人としての尊厳を持って地域社会のみなさんと共に平穏で豊かな生活を
送っていただけるよう職員一同努めております。

ハンセン病について厚生労働省のページ↓
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/01/h0131-5/histry.html

松丘保養園内のお寺↓

CA390065

この活動は青森ロータリークラブを通じて毎年行っていますので来年以降も
必ず参加させていただこうと思います。

五重相伝会 »

4月26日~4月30日の5日間にわたり五重相伝会が行われました。

五重相伝会とは浄土宗のお念仏の教えを五日間の中で五つの順序にしたがって伝授される修行道場です。今回の五重相伝は正覚寺では十五年ぶりの開催となりました。五重相伝の内容は浄土宗の教えの真髄や奥義を伝えるため詳しく説明はでませんが、お説教を聞き、お念仏を唱え、先祖の供養をし、儀式を受けるなど、五日間のすべてが修行となります。無事に五重相伝を成満(卒業)された百二十七名の方にはその証として住職より戒名の一部が生前授与されました。入行された皆さまは初日は不安の中での修行の始まりでしたが、日に日に信仰が深まり、自然と合掌し頭が下がりお念仏の声が出るようになっていかれました。そして成満を迎えた最終日には笑顔あり涙ありの感動の一日となりました。

先代の住職はこの五重相伝会をもう一度やりたいと常々話していました。先代の往生から七年が過ぎましたが、この度ご縁が整い五重相伝が開催され無事に成満を迎える事が出来たことは本当に嬉しく思います。

また、日々の忙しい中、都合をつけて日程を空け、最後までご修行された皆様には心より敬意を表します。そしてこれからは共にお念仏信仰の中で明るく仲良く正しい暮らしをされることを願っております。

五重相伝を厳修するにあたりご参加ご協力をいただいた檀家の皆様、多くのお上人の皆さまに改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

IMG_3013 IMG_2853 IMG_2991IMG_3168

« 古い記事 新しい記事 »

正覚寺

〒030-0802 青森市本町1丁目1-12

TEL:017-776-3454 FAX:017-776-3329

アクセスマップ