無量山 引接院 正覚寺

  • トップページ
  • お問い合わせ
  • 法要のお申込み

住職三分法話

住職三分法話㊱ »

住職三分法話㊱

令和4年12月1日

法然上人と御家人⑨ ~角張成阿(かくはりじょうあ)~

 

法然上人がご在世の鎌倉時代、将軍(鎌倉殿)と主従関係を結び家来(家人)となった
武士を将軍への敬意を表す「御」をつけて御家人と呼ぶようになりました。その御家人
の中には法然上人の弟子となられた方が多く、前回まで法然上人の弟子となった8人の
御家人を紹介してまいりました。今回ご紹介する角張成阿は鎌倉時代の武士ではあるも
のの鎌倉殿ではなく木曽(源)義仲の家人なので厳密には御家人ではないかもしれませ
んが、武士出身の法然上人の直弟子の一人としてご紹介させていただきます。
角張成阿は角張の庄(現在の長野県上田市付近)で1152年に武士家の次男として誕生
しました《伝》(出生については詳しくは不明)。成阿とは法然上人の弟子となった後の
名前なので法然上人の弟子になる前は角張荒次郎という名でした。角張荒次郎はその
名の通り荒々しい武士として平家打倒の為に挙兵した木曽義仲に従い、京に攻め込み
武功を上げました。しかし主君の木曽義仲が平家を京から追い出した後、予期せぬ政争
に巻き込まれ朝敵となり、本来仲間であるはずの従兄弟の源頼朝に討たれてしまいます。
しかもその戦いで共に戦っていた息子が命を落としてしまいます。その事が大きな原因
となり角張荒次郎は武士を辞め法然上人の弟子になりました。
法然上人の弟子となり角張成阿(正式には角張成阿弥陀仏)となった荒次郎は法然上人
の近習の弟子として20年以上の長きに渡り法然上人の側で教えを受け、念仏の信仰を
深めていきました。角張成阿のことは資料が少なく、法然上人の第一の伝記である
『四十八巻伝』にはただ一度短い文で登場するのみの存在です。その『四十八巻伝』
には次のように紹介されています。
建永二年(1207年)3月16日、京を出発しご流罪の地に赴く時、信濃国の御家人、
角張成阿、力者の棟梁として最後の御供とて御輿(みこし)を担ぐ。
《訳》建永二年に法然上人(75歳)が京から四国の讃岐へご流罪となる際、信濃出身
の御家人(伝記では角張成阿は「御家人」と記されています)角張成阿は法然上人の
御供として力者の棟梁(護衛のリーダー)になり御輿を担ぎ、共にご流罪の地へ行った。
とあります。
また別の資料にはその時に法然上人と共に讃岐へ渡った弟子は角張成阿を含め12人で、
角張成阿はその後、法然上人が京に帰るまで4年半もの間、共に過ごし、共にお念仏を
称え、高齢の法然上人を近くで支えられた近習の弟子であったとあります。さらに別の
資料には角張成阿は『一向信心念仏者』とも記されています。
その証拠に京に戻った角張成阿はすぐに法然上人の元を離れ、地元の信濃の地で念仏の
信仰を伝えるべく三つもお寺を建て法然上人の教えを篤く信仰し続けました。その三つ
のお寺は今も長野県に現存し、法然上人の念仏の教えと共に角張成阿の偉業を伝えて
います。
角張成阿のように法然上人のお弟子の中では後世において有名ではなくとも、
『一向信心念仏者』としてひとすじに法然上人の教えを守りぬいた多くの先人達に想い
をはせて、私自身、少しでもその志に近づけるよう今日もただ一向に「南無阿弥陀仏」。   同称十念

住職三分法話㉟ »

住職三分法話㉟

令和4年11月1日

法然上人と御家人 ~園田成家(そのだなりいえ)~

 

法然上人がご在世の鎌倉時代、将軍(鎌倉殿)と主従関係を結び家来(家人)となった
武士を将軍への敬意を表す「御」をつけて御家人と呼ぶようになりました。
その御家人の中には法然上人の弟子となられた方が多くおられます。
今回は法然上人の弟子の御家人、園田成家をご紹介いたします。

園田成家は坂東小倉村(現在の群馬県桐生市)の名門武家の生まれで、28歳の時
(西暦1200年)京の警護の為に上洛し、その時に法然上人(当時67歳)を訪ね、
すぐに出家し弟子となります。(その経緯は資料が無く出家した理由は不明です)
そのまま約6年間、法然上人近習の弟子として法然上人の元で浄土宗の教えを
学び修行を重ねました。そして33歳の時に成家は京で既存の仏教勢力からの
浄土宗の弾圧が強まったこともあり、法然上人の元を離れ坂東小倉村に戻ります
(その1年後法然上人は京から讃岐へとご流罪となってしまいます)。

小倉村に戻った成家は小倉村の高台に草庵(小さなお寺)を建てて、法然上人から
教わった浄土宗の教えを村の人々に布教し、村の人々と共に一人の念仏僧として
の暮らしを続けます。やがて成家は小倉村の人々から小倉上人と呼ばれるように
なります。そして多くの人々が成家からお念仏の教えを聞き、浄土宗の信仰を心
の拠り所としました。

(桐生市に伝わる資料によると)その中には若き北条泰時(のちの鎌倉幕府三代執権)
もおられました。北条泰時は成家からお念仏の教えを聞き浄土宗の信仰を心の支え
とし、執権となってからも成家のもとを訪れその交流は30年以上も続きました。
その交流の中での成家晩年のエピソードをご紹介します。
成家は75歳の時(西暦1248年)、自身の往生が近いことを覚り、北条泰時に
書状を添えて一本の杖を送ります。その杖は成家が晩年愛用していた杖で栗の木で
作った杖でした。杖に添えられた書状は次のような内容でした。

「栗は『西の木』と書きます。私は西方極楽浄土に想いをよせてこの杖を愛用して
参りました。しかし老体となって杖をついても歩くのがままならなくなった今は
この杖も必要なくなりました。どうぞ泰時様もこの栗の杖をお使いになられ、
いつの日か西方のお浄土へ参られることをお待ちしております。」

その杖を送った数か月後に成家は西の方角を向いて正座合掌し、念仏を2時間ほど
お称えし息を引き取りました。その時、空には紫雲が現れた光明が差し込むまさに
西方極楽浄土への見事な旅立ちでした。

園田成家の信仰心と、小倉村の人々や北条泰時とのお念仏を通した交流に想いをはせて、
今日もただ一向に南無阿弥陀仏。           同称十念

住職三分法話㉞ »

住職三分法話㉞

令和4年10月1日

     法然上人と御家人 ~津戸為守(つとのためもり)~

 

法然上人がご在世の鎌倉時代、将軍(鎌倉殿)と主従関係を結び家来(家人)となった武士を将軍への敬意を表す「御」をつけて御家人と呼ぶようになりました。
その御家人の中には法然上人の弟子となられた方が多くおられます。今回は法然上人の弟子の御家人、津戸為守をご紹介いたします。

津戸為守は1163年に武蔵国で生を受け18歳の時に石橋山の合戦で源頼朝軍に加わり、御家人として武功を重ね1195年、32歳の時に頼朝に従って
京へ上洛し、その時に熊谷直実と同時期に法然上人を訪ね、京に居た3か月間ほぼ毎日熱心に法然上人の元へ通い、教えを受け、念仏を称え、法然上人の
弟子となりました。

関東に帰ってから為守は、何度も仏教に関する質問をしたためた手紙を法然上人に送っています。法然上人はその都度丁寧に教えを説かれました。
その為守へのお返事の手紙が現在9通も残っています。為守は法然上人からのお手紙を、錦の袋に入れて常に肌身離さず持っていたのです。
為守が守り残してくれたお手紙により、現代を生きる私達は長い時間と場所を隔てても法然上人から直接お言葉を受け取ることができることは
本当に有難いことです。その手紙の中の多くのお言葉の中から一つをご紹介いたします。

「お念仏は、歩いていても坐っていても横になっていても、いつでも、どこでも、どんな状況で称えてもかまいません。
たとえ見かけや口・身体が汚れていようとも、心を清らかにし、いつも忘れずにいつでもお念仏を称えることが、くれぐれも肝心なことです」 

状況に惑わされず、とにかく念仏を称えることが大切ですよ。後生は極楽往生を信じて今のままお念仏を称えてがんばりなさい。
と法然上人が優しく励ましてくださっているお言葉です。

為守は地元武蔵の国でお堂を構え、多くの人にお念仏の教えを伝え、自身はお念仏を一心に称える生活の中、命の限り信仰を深めていきました。
そして為守は歴史に残る往生を遂げます。1242年、80歳になった時、法然上人の行年と同じ80歳になったのを機に自分もこの歳に往生すると決め、
お念仏を21日間称えた後、切腹します。しかしその時は死ねず、さらにお念仏を称え続け、切腹から2カ月後に夢に法然上人が現れた後、西に向かい
お念仏を数百遍称える中、往生を遂げました。

津戸為守の法然上人を慕う想いと、命を懸けた一途な信仰心を見習い、今日もただ一向に南無阿弥陀仏。                   同称十念

住職三分法話㉝ »

住職三分法話㉝

令和4年9月1日

法然上人と御家人 ~渋谷七郎(しぶやしちろう)~

 

法然上人がご在世の鎌倉時代、将軍(鎌倉殿)と主従関係を結び家来(家人)となった武士を将軍への敬意を表す「御」をつけて御家人と呼ぶようになりました。
その御家人の中には法然上人の弟子となられた方が多くおられます。今回は法然上人の弟子の御家人、渋谷七郎をご紹介いたします。

渋谷七郎は渋谷七郎入道道遍という名前で呼ばれることも石川入道と呼ばれることもあり、法然上人の晩年に十年以上に渡りお側でお仕えした側近の直弟子です。
残念ながら生没年不詳で経歴もほとんど不明ですが、渋谷七郎は先に『法然上人と御家人②』でご紹介した熊谷直実が法然上人弟子になったことを聞いて、
すぐに関東から京都の法然上人のもとへ参じて弟子になったと伝わっています。また法然上人の弟子で浄土真宗を開かれた親鸞聖人が(御家人の中で)
『大胡、渋谷、津戸この三人は法然上人根本の弟子なり』と書物に記していることから、法然上人の弟子となった御家人の中でも心から浄土宗を信仰し、
特に念仏信仰の篤い方だったことがわかります。(親鸞聖人が挙げた三人の中に熊谷直実が入っていないことは少し気になることではありますが・・・)

経歴などが不明の渋谷七郎が法然上人の弟子として名が残る理由として、渋谷七郎が法然上人から直接聞いたという次のお言葉があります。

「往生の為には念仏第一なり、学問すべからず、ただし念仏往生を信ぜん程はこれを学すべし」

(意訳)

「極楽往生の為には念仏を称えることしかありません。難しい仏教の教えを学ぶ必要はありません。ただし、念仏で極楽へ往生させていただくことを信じて
理解するためには仏教を学ぶことは大事です」

この渋谷七郎が伝えてくださった法然上人のお言葉は、浄土宗にとっても大事なお言葉であることはもちろん、私にとっては仏教を学び信仰する上で非常に
大きなモチベーション(動機付け)になっています。
修行時代に「なぜ仏教の勉強をしなければならないのだろう?」と立ち止まった時、この言葉が背中をおしてくれたことを思い出すと共に今も仏教の勉強を
続ける必要性を再確認させてもらえる有難いお言葉です。

渋谷七郎が法然上人のお側でしっかりと教えを直に聞き、お念仏に励まれたことに想いを馳せて、今日もただ一向に南無阿弥陀仏。        同称十念

住職三分法話㉜ »

住職三分法話㉜

令和4年8月1日

法然上人と御家人(ごけにん) ~大胡実秀(おおご さねひで)~

 

法然上人がご在世の鎌倉時代、将軍(鎌倉殿)と主従関係を結び家来(家人)となった武士を将軍への敬意を表す「御」をつけて御家人と呼ぶようになりました。
その御家人の中には法然上人の弟子となられた方が多くおられます。今回は法然上人の弟子の御家人、大胡実秀をご紹介いたします。

上野国(群馬県)の大胡実秀(おおごさねひで)は父の大胡隆義(おおごたかよし)と親子二代にわたっての熱心な念仏信者です。
父の隆義は『法然上人と御家人①』でご紹介した甘糟忠綱と同じく源平合戦の時に上洛し、その時に法然上人と直接お会いして弟子となりその後しばらく法然上人の
お側で教えを受けた直弟子ですが、子の実秀は法然上人に直接会うことはありませんでした。
しかし父の隆義が法然上人から拝受したお手紙を父から譲り受け、家宝として大切にして父を超えるほどの熱心な念仏の信者になりました。

現在そのお手紙は「大胡消息」として浄土宗の大切な教えが書かれた浄土宗の宝となっています。お手紙は二通ありその一つは
阿弥陀仏の救いのこと、念仏で往生が叶うこと、念仏者の心構えの三心のことなど、浄土宗の教えの基本が親切丁寧に原稿用紙17枚分の
文章量で記されています。お手紙というよりは法然上人から「大胡、関東での浄土宗はあなたに託しましたよ」
と浄土宗の教えの全てを遺言として託されたような内容です。
そのお手紙は一貫して「なむあみだぶつ」と称えるお念仏が唯一の極楽往生の方法であることが説かれています。

実秀と実秀の妻は、この法然上人のお手紙の内容を心から信じ、ひたすらお念仏を称え修行に励みました。
そして、夫婦そろって見事な往生をとげたことが伝記の『法然上人行状絵図』には次のように記されています。
実秀はこのお手紙を大切にして生涯一向に念仏に励みました。寛元四年(1246年)実秀の往生の時には妙なる香りが漂い妙なる音楽が響き渡りました。
その後、実秀の妻も念仏の行を怠りなく、臨終には奇瑞(おめでたい不思議な現象)が現れ往生の素懐を遂げました。と。
実際に法然上人とお会いしたことがない実秀がここまで法然上人のお手紙(お言葉)を信じ、一向にお念仏を生涯貫き往生されたことは同じく法然上人とはお会いしたことのない今を生きる私達がお手本にさせて頂く姿だと感じます。
大胡実秀に想いをはせて、今日もただ一向に南無阿弥陀仏。 同称十念

住職三分法話㉛ »

住職三分法話㉛

令和4年7月1日

 法然上人と御家人 ~宇都宮 朝業(うつのみや ともなり)~

 

法然上人がご在世の鎌倉時代、将軍(鎌倉殿)と主従関係を結び家来(家人)となった武士を将軍への敬意を表す
「御」をつけて御家人と呼ぶようになりました。その御家人の中には法然上人の弟子となられた方が多くおられます。
今回は法然上人の弟子の御家人、宇都宮朝業をご紹介いたします。

宇都宮朝業は先月の『住職三分法話㉚』でご紹介した宇都宮頼綱(よりつな)の弟で、兄の頼綱が鎌倉幕府への
謀反(むほん)の疑いを掛けられ出家した後、宇都宮家の家督を継ぎ鎌倉殿の御家人となった人物です。
朝業は元来、争いを好まず、歌人として後世に名を残す穏やかな性格の御家人でした。1203年朝業が御家人として
鎌倉幕府に出仕したのと同時期に源実朝(みなもとさねとも)が三代目鎌倉殿に就任しました。この時、実朝は12歳。
それから約16年間朝業は実朝の側近として仕えます。実朝と朝業の関係は将軍と家来の関係だけではなく、
お互い和歌を詠むことを好まれていましたので歌人としての深い関係がありました。現在も当時の歌集には
二人が互いに詠んだ和歌が残っています。
ところが、1219年1月、実朝が28歳の時、鎌倉鶴岡八幡宮で甥の公暁に刺殺されてしまいます。
その時お供をしていた朝業は実朝の死を目の当たりにし、突然の惨事に実朝を守れなかったことへの後悔の念から
出家することを決意します。そして1220年8月、すでに出家し京都に居た兄の宇都宮頼綱を訪ねます。
しかしすでに法然上人は8年前にご往生されていたので法然上人の高弟である証空上人の弟子となり、
名を信生(しんしょう)と改名します。
信生となった朝業は法然上人の教えを証空上人から聞き、熱心な念仏信者となります。そして歌人とし和歌集の編さんにも尽力します。
信生は出家してからも主人である実朝を想い歌を詠まれています。

言の葉の 情けを偲ぶ 露までも いづれの草の 陰に見るらむ

和歌を詠み合い心を通わせ合った実朝公からの温情を偲んでいます。
実朝公は露のように消えて今どちらの草葉の陰から見てくれているでしょうか。

鎌倉時代の一大勢力だった宇都宮家の元当主である朝業(信生)がいつどこで亡くなったのか記録には一切残っていません。
記録がないことは武士や歌人としてではなく、一人の念仏信者、信生として生涯を全うし往生されたことの証であると思いを巡らせています。
同称十念

« 古い記事

正覚寺

〒030-0802 青森市本町1丁目1-12

TEL:017-776-3454 FAX:017-776-3329

アクセスマップ